三木露風賞 新しい童謡コンクール


10月31日(日)にたつの市赤とんぼ文化ホールにて、第37回三木露風賞新しい童謡コンクール入賞詩発表会が開催されました。

三木露風賞新しい童謡コンクールは、昭和59年10月7日にたつの市が「童謡の里宣言」をして以後、童謡の発展と継承を目指し毎年開催しています。

毎年、全国から童謡の詩を募集し、今年は5,819編の応募がありました。その中から優秀作品3編には曲がつけられ新しい童謡が誕生しました。また、入賞作品として(一社)龍野青年会議所賞の「ぼくの白いくつ」が発表され、森口理事長より表彰状の授与がありました。

昨年度はコロナ禍の影響もあり会場も中ホールでの開催となりましたが、今年は大ホールでの開催で来場客も多くの方に来ていただきました。

龍野青年会議所として次年度も三木露風賞の発展に寄与すべく支援を続けていきたいと思います。

記事:kenta kakio